八王子ビートレインズのバスケ観戦がもっと楽しくなるチーム情報と2022-23シーズン展望

トレインズ

八王子市民は以外と知っている八王子ビートレインズ

八王子高尾在住ならバスケットBリーグの「八王子ビートレインズ」を応援しよう

でも、観戦に行ったことないって人は結構多いです。そんな人たちは試合の応援に連れってているんですが、みなさん試合終了の頃にはすっかりブースター(バスケのファンはこう呼びます)になってくれます。

これから、観戦に行ってみたいって人やすでにブースターの人向けの情報2022-23シーズンの展望などを書いていきたいと思います。

八王子ビートレインズの最新ロスター

ロスターとは聞きなれない言葉かもしれませんが、バスケットボールのチームで公式戦に出場できるメンバーのことです。

バスケの試合は5人対5人ですが、交代は自由に行えるので、怪我や疲労なども想定して15人くらいのロスターで戦うのが一般的です。

ここでは、ポジションごとのロスターを紹介します。
スタメン争いなんかもバスケ観戦で楽しいポイントなんで、注目してみるといいでしょう。

バスケットボールのルールなどはもっとわかりやすいサイトや動画を見てくださいね。

バスケットボールの基本的なルール – アルバルク東京


トレンチーにも注目

センター(C)とパワーフォワード(PF)は帰化したバンバ選手に注目

バスケのポジションで最もゴールに近いポジションのCは身長の高さや体の強さが求められます。同じように、ゴールの近くでプレイしつつも、俊敏性やミドルシュートなどもできるのがPFですが、現代バスケではこの二つのポジションはあまり違いが無く、一緒に紹介します。

八王子ビートレインズにはCとPFはジャスティン選手、ジョン選手、バンバ選手、久保田選手の四人がいます。ジョンとバンバは昨シーズンから八王子に加入、ジャスティンと久保田は今季から新加入です。

今季の注目は何といってもバンバの帰化

外国人選手はコート上に2人しか立つことができないのですが、帰化選手は日本人選手扱いです。

どのチームも背が高く体格が良い外国人助っ人をゴール下のCとPFに起用することが多く、昨シーズンの八王子もジョンをC、バンバをPFで起用していました。
しかしバンバの帰化によりジャスティンをC、ジョンをPFに起用し、さらにバンバを出すことも可能になりました。ポジションは被りはしますが、2m級の選手を3人並べられるのは大きな強みです。

副キャプテンにも任命されたバンバ選手の活躍がまずは注目ポイントですね。

帰化選手は市場価値も急上昇するので、来オフにはB1とかに行ってしまう可能性がありますが、バンバ選手とチームの契約交渉なんかも考えてみると面白いかもしれません。

また、日本人PF久保田も身長は198㎝

バンバの帰化により外国人がフル稼働になる恐れがありましたが、久保田が入ることで休ませながらチームの高さを落とさずに戦えます。日本人ビックマンは貴重です。
相手チームの屈強な外国人とマッチアップする機会が多くなると思いますが、久保田選手がそういった選手にどう立ち向かい勝っていくのかも注目したいです。

もう一つ注目ポイントを上げると、新加入のジャスティン選手はジョンとはかつてのチームメイト。おそらく加入にはジョンの後押しもあったと思いますが、この二人の関係も必見です。

スモールフォワード(SF)はキャプテンに注目

SFはゴール下を主戦場とするCやPFよりは一歩下がった位置から積極的にゴール下に切り込んだり、時にはCやPFを助けたり、遠距離から3Pシュートを狙ったりと、マルチになんでもこなせる役割が求められ、攻守において重要なポジションです。

八王子には今季のキャプテンに任命された山口選手、新加入の東選手がいます。
少人数ですが、PFの選手やSGの選手が起用されることもあると思います。

キャプテンとなった山口選手は八王子は3シーズン目です。
ファンにも愛され、苦しい時に救ってくれるイメージがありますね。

人柄もよさそうでキャプテンも納得ですが、プレッシャーもかかると思うので、プレイに影響が出るかどうかは見てみたいです。

東選手は昨季3位だった静岡でスタメンだった程の実力者です。

公開練習を見ても実力は間違いなく、スタメンでも不思議ではないと思います。
この二人のスタメン争いもちょっと注目ですね。

シューティングガード(SG)は大幅戦力アップ

フォワード陣に比べ、ボールを運んだり3Pを打つ機会が多いSGは、昨季に比べると最もパワーアップしたポジションでは無いでしょうか。

八王子には昨季からいるマレー選手古橋選手、今季加入の上江田選手がいます。

マレーは昨季は怪我に苦しみましたが、以前はB3でMVPになるなど実力はぴか一
公開練習を見てもスキルの高さはチーム一では無いでしょうか。

ただ、外国人選手としては背が低く、マレーを起用すると高さで相手に劣る場面が多かくなり、諸刃の剣でもありました。そんなマレーの弱点ですが、バンバ選手の帰化により解消です。

ゴール下は外国人とバンバ選手で対応して、マレー選手は技術の高さを生かしてオフェンスに専念することができます。そうなるとマレー劇場から目が離せないでしょう。

もう一つの注目ポイントは新加入の上江田選手

SGながら身長190と高く、移籍元の群馬をB2からB1に上げた昇格請負人です。
マレー選手とはまた違った、B1レベルのプレーにも注目したいですね。

そしてこの二人に古橋がどう食い込んでいくのか。
昨シーズンは体を張ったプレイで何度もチームを救ってくれた古橋選手
泥臭いガッツあふれるプレイが魅力で、個人的に好きな選手なのでこちらにも注目です。

ポイントガード(PG)は人数が最も多いが・・・

敵陣地までボールを運ぶ役割のPGは、八王子には6人もの選手がいます。

八王子がB2から降格した時もチームに残り長年支えてくれているミスター八王子大金選手、トライアウトからチームに加入しリーグの3P成功率1位にまで上り詰めた大城選手、今季加入の高橋選手石川選手、練習生で加入の介川選手伊藤選手です。

人数は多いですが、介川と伊藤はSGもできますし、大城も以前はSGでした。

やはり人数が多いので注目はスタメン争い

長年チームの中心PGだった大金選手ですが、鹿児島でスタメンだった高橋選手も実力は劣りません。PGは大金と高橋の二枚看板で行くのだと思いますが、HCと同じアイシンから移籍してきた石川選手も実力はありそうでしたし、スタメンが誰になるのか、目が離せません。

そして忘れてはいけないのが、大金と高橋に比べるとPGの経験は浅いものの、3Pという武器がある大城選手

アウトサイドから攻める場面では起用が増えると思いますが、昨季の3P成功率1位がフロックでは無いことをぜひとも証明してもらいたいです。そして、苦しい体制でもバンバン決めてチームを勝たせる活躍ができるかどうか、こちらも注目です。

公式戦の出番は少ないかもしれませんが、アメリカの学校でプレイしていた介川選手、アンダー世代の日本代表候補にもなったことがある伊藤選手も、実力はありそうです。
どういったプレイをするのか、シーズン中のプロ契約はあるのか、この辺も注目すると面白そうです。

まとめ

バスケのプレイはもちろん、選手の人柄や選手同士の関係性、スタメン争いなども見ていくととても面白いのがBリーグ観戦です。

八王子に住んでいると選手を見かけることもあるくらいで、私自身、実は今年に入ってから5人も見かけているほど、地域に根差したプロスポーツなんです。

前から気になっていたと言う人がいたら、ぜひいろいろな点に着目しながら八王子ビートレインズを応援してみましょう。

【B3リーグ】オフシーズン移籍情報全チームまとめ【トレインズブースター】

コメント

タイトルとURLをコピーしました