山中湖で冬の花火とイルミネーションを満喫「ファンタジウム」詳細情報

旅行

山中湖で冬の花火とイルミネーションを満喫「ファンタジウム」詳細情報

高尾に引っ越してきて最も頻繁に訪れるようになった観光地・・・

それは間違いなく山中湖です。

相模原から道志道(国道413号線)という下道で1時間半くらいで到着するので、一気に身近なスポットになりました。

山中湖にある山中諏訪神社の安産祭りに行った時の記事はこちら

山中諏訪神社の安産祭りでお米と短いロウソクを貰った

そんな山中湖では冬の花火大会イルミネーションが行われているので行ってきました。

山中湖のイルミネーション「ファンタジウム」

山中湖で冬に行われているイルミネーションは「ファンタジウム」と言うものです。

山中湖の北西にある花の都公園という場所で行われています。

元日でが1月1日に行ってきました。

営業時間・アクセス

開催期間は2021年11月20日から2022年1月10日まで
(11月中は土日祝日のみの開催だったようです)

イルミネーションの点灯時間は17:00から21:00まで

詳細はこちらの山梨県観光情報のホームページをご確認ください。

駐車場の付近は非常に暗いですが、誘導員もいて、人は多かったので迷うことは無いでしょう。

冬の花火が楽しめる

なんといってもこちらのイルミネーションの目玉は花火が打ちあがるということ。

花火が上がるのは12月と1月の毎週土曜日で、時間は20時からです。

10分程度の小規模な花火ですが、スターマインも上がり、結構きれいです。
何より、周りは真っ暗で、花火とも近いのがいいですね。

コロナ禍で久しぶりの花火ということもあり楽しめます。
花火の音を聞くだけで気分が上がりますね。

イルミネーションもきれい

花火の話が始めに来てしまいましたがイルミネーションもきれいです。

花の都公園はとても広い公園で、イルミネーションを見ながら一周歩くだけで20分以上はかかります。

和傘を使ったイルミネーションや音楽に合わせて点灯するイルミネーション、花火を模したものなど、種類も豊富

写真を撮りながらゆっくりと楽しめますよ。

ファンタジウムに行く際の注意点

行ってみて思ったのですが、何点か注意した方がよい点があります。

とにかく寒い

私たちが言った元旦の日の当時の気温は氷点下9度

車の温度計も-9度でした・・・

厚めのインナーとダウン、コートを着て、下も暖かいスパッツを履いて行ったのですが、それでも手足が冷えてきます。

写真を撮ろうと手袋を外してスマホを操作するので、指先は余計に冷えます。

途中に暖かい休憩所や焚火スポットもあるのですが、防寒対策は万全にしていきましょう。

created by Rinker
興和
¥713 (2024/02/29 02:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

 花火後の帰宅は混雑する

こちらの「ファンタジウム」ですが、土日であっても激混みという訳ではありません。
ただ、花火がある土曜日の花火の時間前後はそれなりに混雑します。

多くの人が花火を見てから帰るため、駐車場を出る時間が一緒になってしまうのです。

駐車場の出口は一か所しか無く、出口で料金の300円を入れるため、時間がかかります。

出口渋滞に巻き込まれたくないのであれば、花火後にゆっくりとイルミネーションを見るとか、花火を駐車場の近くで見るとか、工夫が必要です。

花火は坂の上からがベストポジションも

花火は公園と駐車場の間から打ちあがります。

公園内には樹木などもあり、場所によってはきれいに見えないかも・・・

公園内の坂を上った東屋のあたりがベストスポットですが、花火のタイミングでは人が集まってきます。
また、三脚を立てている人もいたりして、場所取りは少し早めにした方が安心かもしれません。

ただ、周囲には大きな建物も少なく、公園内や公園へ渡る橋の上などからもきれいに見れると思います。

飲食店は少なめ

イルミネーション期間に合わせ出店なども出ますが、公園内のレストハウスしかありません。

玉こんにゃくやコーンスープなどの軽食や山梨名物の「ほうとう」などもありますが、花火大会のようにたくさんのお店が出るわけではないので、あまり期待はしない方がいいでしょう。

駐車場では豚まんや山梨土産を購入することもできます。

イルミネーションも花火も無料

イルミネーションにかかる料金はなんと無料です。

公園への入場料も17時以降は無料となっています。

ただし、駐車場の料金が300円で、イルミネーションと花火にかかる料金はこの300円のみです。

破格の価格設定ですね。

山中湖で遅めのディナー「キャンティ・コモ」

山中湖でイルミネーションを楽しんだ後は食事と行きたいですよね。

山中湖周辺では元日の、それも20時過ぎにやっているお店は限られています。

そんな時に助かるのが「キャンティ・コモ」

何度かお邪魔していますが、山中湖周辺では唯一と言ってもいいくらいの遅くまで開いている飲食店です。

年末年始も通常営業(21時ラストオーダー)してくれていて、とても助かります。
普段は23時までオープンしていますからね。

この日は燻製鶏のニョッキとキノコのチーズリゾットを注文
絶品でした。
冷えた身体が温まります。

ワインやケーキも豊富なので、いつか山中湖に泊まってゆっくりお酒を楽しみたいですね。

メニューはもっとももっとたくさんあります。

店内もおしゃれで清潔感もあります。
しかも、1月中は山中湖村とpaypayのキャンペーンでペイペイで支払うと20%キャッシュバックですよ。

まとめ

コロナ禍であまり遠出しなくなりましたが、山中湖では冬のイルミネーションと花火が楽しめます。

高尾エリアからは下道のみで行けるので、八王子にお住まいの方は是非一度旅行先候補に挙げてみてはどうでしょうか?

夏は歴史ある神社の安産祭りもやってますよ。

安産祭りで有名な最強の子宝神社「山中諏訪神社」へ子宝祈願に行ってきた

綺麗なイルミネーションと花火、それから満点の星空、最後は湖畔のおしゃれなイタリアンと、近場でも大満足だと思いますよ。

コメント

  1. […] 山中湖で冬の花火とイルミネーションを満喫 […]

タイトルとURLをコピーしました