八王子ラーメンの名店「吾衛門」に行ってみた

タウン情報

八王子ラーメンの名店「吾衛門」に行ってみた

前から気になっていいたけれど、いつ見ても行列で行けなかった「中華そば 吾衛門」

今回、とうとう念願叶って行けたので、食レポします。

中華そば 吾衛門

2012年の第二回八王子お店大賞(2012年度)にも選ばれた八王子ラーメンの名店です。

店主は地元八王子で育った石川征之さんという方で、なんと子供の頃からラーメン屋さんをやるのが夢だったそうです。

複数の飲食店で働いて経験を積み、平成8年の6月に25歳という若さで吾衛門をオープンして夢を叶えました。すごいですね。

吾衛門の立地

西八王子駅北口徒歩3分、国道20号線に面しており、八王子市民であればよく前を通ると思うのですが、だいたいいつも並んでいます。
八王子中央図書館の近くです。

駐車場や駐輪場は無いですが、西八王子駅に近いので駅前のコインパーキングや駐輪場を利用してアクセスできます。

営業時間

平日は11:00~17:00まで
土曜日は11:00~18:30まで

日曜祝日は休みというのは、売れているラーメン屋の特徴ですね。

そして、スープがなくなり次第終了で、だいたい早めに終わっているようなイメージです。

吾衛門に行ってみた

いつ行っても行列だったんですが、たまたま人間ドックの帰り道に通ったら、開店直前で数名しか並んでいなかったので、行ってみました。


並んではいますが、平日なので列は少ないですね。

5分くらい待って、開店と同時に席に座ることができました。

売れっ子なのに接客が最高

店内に入って、注文して感じたことは、接客が非常に良い。

というか、普通ではあるんですが、人気ラーメン店って、どこか驕った空気があるお店も多いじゃないですか。

でも、超有名店となった今でも奢ることなく、柔らかな物腰で客当たりのいい接客とサービスでした。

有名ラーメン店ということで緊張して行ったのですが、アットホームな感じでしたよ。

朝から並んでいた人たちも結構年配の人も多くて、店主との会話を聞いていても本当に地元に愛されているお店なんだなって感じました。

メニューの料金も安く、1杯1000円近くする最近のラーメンに比べると破格に感じます。
売れても料金は変えないって言うのは好感が持てますね。


メニューはこんな感じ
ギョーザーとビールなんかを頼んでいる人もいましたね。

店内の様子

店内はカウンターしかありません。
だいたい、10席ちょいでしょうか

人気店なので、二人組とかで来ても隣同士で座れなかったりするんですが、常連さんが気を利かして席を変わってくれていて、そんなとこからもアットホームな感じが伝わります。

厨房には店主と女将さんでしょうか。
二人でラーメンを作り、接客に一人若い女性がいて、狭い店内なのに三人態勢で回していました。

さすが有名店

接客担当の方がお水や注文を聞いてくれます。

吾衛門の味

今回は初回でしたので、普通のラーメンを注文

気になるお味は・・・

もちろん美味しい

以前に行った八王子ラーメン「藤」よりもやや濃い目のスープですね。
家庭的な八王子ラーメンのお店「藤」に行ってみた

そして、八王子ラーメンの特徴である「たまねぎ」ですが、刻み玉ねぎというよりは、さらに細かく、おろし玉ねぎに近いような感じでした。

そのため、玉ねぎの辛さも感じることなく、玉ねぎの甘さが濃いスープとマッチしていました。

メンマはやや細目

そして、麺が結構固めで、歯ごたえばっちりです。
細麺なんですが、味もしっかりしていて、美味しい麺でした。

相模原の赤池製麺さんの麺を使用しているそうです。

そしてチャーシューは肉厚
ホロホロと柔らかく煮込まれていて、美味しいですが、大きさは小さめ
チャーシューをがっつり食べたい方はチャーシュー麺とかにした方がいいかもしれません。


卓上調味料はこんな感じ
コショウ、お酢、おろしにんにくなんかがラーメンには合いそうです。

まとめ

八王子に引っ越してくる時に、八王子の友達に美味しいラーメン屋を聞くと、だいたい「吾衛門」の名前が出てきました。

それくらい有名で地元に愛されている名店ですが、いつも行列で行けなかったので、今回食べることができて非常に良かったです。

帰る時にはすでに10名近くが並んでいて、人気っぷりはさすがでした。

吾衛門は袋麺にもなっていて、八王子のスーパーではよく見かけるので、今度はそちらも食べてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました