八王子のソウルフード「都まんじゅう」買ってきた

タウン情報

八王子のソウルフード「都まんじゅう」買ってきた

「都まんじゅう」って知っていますか?

八王子在住の方ならほぼ間違いなく知っていると思いますが・・・

我が家も八王子に引っ越してきて1年以上が経ったので満を持して都まんじゅうを買ってきました。

都まんじゅうとは?

都まんじゅうは八王子の「つるや製菓」さんが作っている和菓子

八王子駅北口の繁華街であるユーロードにあります。


デッキからユーロードに降りて、少し歩くと左手に見えます。
行列があるからわかりやすい。

昭和30年から売られているらしく、歴史ある銘菓です。
八王子の子供たちは昔からよく食べていて、通称「みやまん」と言うそうです。


レトロな雰囲気のお店です。

食べログの口コミも1000件超えです。

どんなおまんじゅう?

都まんじゅうというくらいだから、お饅頭なんですが、形は円錐形の今川焼みたいな感じ

大きさは直径5cmくらいと、小ぶりです。

中はあんこやカスタードではなく、白あんのような甘い餡が入っていました。
調べてみると1個60カロリーくらいしかないそうで、ヘルシーなお菓子です。

賞味期限が2日と短いので注意

なんで人気なの?

昔から売られているというのはもちろんですが、なんといってもおどろくのはその価格

一番小さいセットで10個セットなんですが、なんと350円

昔からほとんど値上げせずにやってきており、かなり安く感じます。
1個あたり35円です。

大入りもあり、15個入りで550円、24個入りで950円、30個入りで1200円です。30個も入って1200円は安い

15個以上は箱入りになるので、お土産にもいいかもしれません。

都まんじゅうの裏話

実はこの都まんじゅう、八王子の銘菓であるのは間違いないんですが、全国に「都まんじゅう」という名前のお饅頭があるんです。

都内でも上野の「かるた屋」や浅草の「中村屋」、茅ケ崎の「すずや」という和菓子屋さんにも都まんじゅうが売っています。

しかも、形も同じで製造方法も一緒なので、同じ「都まんじゅう」です。

名前にこだわらなければ、札幌の「富士屋」で売っている「とうまん」

秋田の「金満本舗」で売っている「金萬」、京都の「ロンドンヤ」で売っている「ロンドン焼き」などもまったく同じ形、同じ製造方法なんです。

実はこれ、福岡県のおまんじゅうを作る機械のメーカーが、東京へ進出する際に自社の機械「都まんじゅう」という名前を付けたからなんです。

そして、そのお饅頭を作る機械で作られたお菓子を「都まんじゅう」と呼ぶお店が多いんです。


窓からはお饅頭製造機「都まんじゅう」での製造過程を見ることもできます。

食べてみた感想は?

都まんじゅうはいつ行っても行列で、買う機会がなかったんですが、なんとか買って食べてみました。

今川焼や大判焼きに比べると小さいですが、それでも直径5cm程度はあって、食べ応えも十分

お饅頭よりもカステラに近い感じで、中の餡もしっとりというよりは砂糖が練り込まれているような、優しい甘さでした。

焼きたてがフワフワのアツアツで一番おいしいみたいですが、家に持ち帰ってからでも、レンジで温めるとより一層美味しかったです。

まとめ

前から気になっていた「都まんじゅう」を食べられてよかったです。

調べてみると、全国に同じ名前だったり、同じ形のお饅頭があるみたいで、古くから日本国民に愛されている和菓子なんだなと感じました。

また機会があれば買おうと思います。
みなさんも八王子にお越しの際は、ぜひ買ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました